次世代モバイル通信サービス

次世代モバイル通信サービス記事一覧

LTE、AXGP、WiMAXの違い

高速モバイル通信は、現在の3G携帯の通信方式W-CDMAをベースにしたHSPA等(サービス名ULTRA SPEED、EMOBILE G4)とモバイルWiMAX(サービス名UQ WiMAX)、それに次世代通信方式であるLTE(サービス名Xi、イーモバイルLTE)、AXGP(サービス名Softbank4...

≫続きを読む

 

LTEやWiMAXを比較する

次世代モバイル通信サービスであるLTEのXi(docomo)、イー・モバイルLTE(eAccess)とAXGPのSoftbank4G(softbank)、それにWiMAX(UQコミュニケーションズ)の比較一覧を次表に示します。LTEやWiMAXを比較するイー・モバイルLTEXiSoftbank 4G...

≫続きを読む

 

なぜLTEは75Mbpsのエリアが一部だけなのか

なぜLTEは75Mbpsのエリアが一部だけなのか下り最大75Mbpsとデータ通信開始の低遅延性を大々的にセールスしているLTEですが、現在75Mbpsのエリアは一部だけで、ほとんどは下り最大37.5Mbpsです。ユーザー側から見ると、これは一種の誇大広告のように見えますが、この理由はLTE通信に使う...

≫続きを読む

 

携帯各社のLTEの速度

携帯各社のLTEの実測速度は去年2012年にこぞってサービスを開始したLTEですが、実際の速度の違いに最近調査した記事があります。■ 帰省ラッシュ目前!新東名高速で3キャリアの4G/LTE通信速度をチェック!!■ 新幹線で対決!Android最新端末の4G/LTE通信……エリアはauが圧勝、速度はa...

≫続きを読む

 

イー・モバイルLTEとWiMAXの特性の違い

イー・モバイルLTEとWiMAXの特性の違いXiやSoftbank4G、イー・モバイルLTE、WiMAXなど、速度の違いを全国の主要駅で比較した記事はあり、サービス選択の参考になります。しかし、モバイル通信は駅構内で使用するよりオフィスや出先、喫茶店など建物の中で使用することが多いのではないでしょう...

≫続きを読む

 

Softbank4Gの将来性

Softbank4Gの将来性は前述したようにSoftbank4Gは、グループ傘下のWireless City PlanningのMVNOとして行っているデータ通信サービスです。Softbankは次世代携帯電話としてLTEを普及させることが最優先と思われます。携帯電話は全国をカバーすることが必須条件で...

≫続きを読む

 

イー・モバイルLTEのメリット

イー・モバイルLTEのメリット以上の比較一覧からイー・モバイルLTEのメリットは以下です。利用料金が安いWiMAXと同じく月額3,880円で最安 (Softbank 4Gの月額3,880円は期間限定のキャンペーン価格)docomoのLTEデータ通信サービスのXiは月額5,985円ですが、Softba...

≫続きを読む

 

高速モバイル選択の判断方法

高速モバイル選択の判断方法ここで高速モバイル通信を選択するための判断方法をお話しします。(1) 自分の行動範囲の中でちゃんと繋がって、快適な速度で使えるかどうか自分の行動範囲とは自宅や職場、外出先、駅等の日常的によく行動する範囲です。その中で通信が不安定や圏外、極端な速度低下にならないで、自分が満足...

≫続きを読む