Softbank4Gの将来性

Softbank4Gの将来性は

前述したようにSoftbank4Gは、グループ傘下のWireless City PlanningのMVNOとして行っているデータ通信サービスです。Softbankは次世代携帯電話としてLTEを普及させることが最優先と思われます。
携帯電話は全国をカバーすることが必須条件ですので、Softbank4Gも全国展開した場合グループ内で競合が発生しますので不都合が生じます。事業採算性から見ても携帯電話のように全国カバーはしないで、東名阪と主要地方都市中心にサービスを限定するのではないかと予想されます。

 

Softbank4Gは高速通信を最優先して、東名阪や主要地方都市だけで利用するという条件ならば悪くない選択でしょう。

 

ソフトバンクグループの「AXGP」は何を目指す? - デジタル - 日経トレンディネット

Softbank4Gの将来性関連ページ

LTE、AXGP、WiMAXの違い
LTE、AXGP、WiMAXの違いについて簡単に解説します。
LTEやWiMAXを比較する
LTEやWiMAX等の高速モバイル通信サービスを比較します。
なぜLTEは75Mbpsのエリアが一部だけなのか
下り最大75MbpsのLTEですが、実際は75Mbpsのエリアはまだ1部にとどまっています。ここではこの理由について解説します。
携帯各社のLTEの速度
携帯各社のLTEの速度を解説します。
イー・モバイルLTEとWiMAXの特性の違い
イー・モバイルLTEとWiMAXは使用周波数帯が異なるので、受信特性が異なります。ここでは、それに関するのような記事を紹介します。
イー・モバイルLTEのメリット
イー・モバイルLTEのメリットについて簡単に解説します。
高速モバイル選択の判断方法
高速モバイルを選択する場合にどのように判断するかについてお話します。