イー・モバイルLTEのメリット

イー・モバイルLTEのメリット

以上の比較一覧からイー・モバイルLTEのメリットは以下です。

  1. 利用料金が安い
    WiMAXと同じく月額3,880円で最安 (Softbank 4Gの月額3,880円は期間限定のキャンペーン価格)
    docomoのLTEデータ通信サービスのXiは月額5,985円ですが、SoftbankとauのLTEも月額5,985円(7GB/月まで)です。ただし、スマフォ割があるので月額5275円となります。
    したがって、LTEで最も安い月額料金はイー・モバイルということになります。
  2. 速度制限が緩い
    本格的な速度制限の実施は2年後の2014年5月以降で、その場合も上限10GB/月と他社に(7GB/月テザリングありの場合)比べて制限が緩くなっており、余裕です。
    ただし、24時間の通信量が366MBを超えたら、当日21時〜26時に速度制御というのがあります。速度制御の場合の通信速度は公表しておらず、速度低下があった、逆に大きな速度低下がなかったという声もあり、必ずしも一定ではないようです。
  3. 3.5Gと合わせた高速モバイル通信のサービスエリアが一番広い
    LTEエリア外をEMOBILE G4でカバーするので高速モバイル通信のエリアは一番広くなっています。EMOBILE G4も3Gと言えども下り最大42Mbpsなので高速で通信できます。XiやPhone5はLTEエリア外は下り最大14.4Mbpsや9.2Mbpsの低速です。

    2013年には、Softbankの3Gも使えるようになるので、3Gを含めたカバーエリアでは100%近くなります。

  4. 東京メトロなど、全国の地下鉄駅で使える
    全国の地下鉄駅で利用できるのは都会派モバイラーにとって大変便利です!地下鉄で利用する場合は今のところほとんどがEMOBILE G4となりますが、高速通信ができることと3Gのため地下鉄の駅間でも使用できることがWiMAXに比べてメリットです。

    実際、管理人が都内の地下鉄の駅間で利用して確認しました。

イー・モバイルLTEのメリット関連ページ

LTE、AXGP、WiMAXの違い
LTE、AXGP、WiMAXの違いについて簡単に解説します。
LTEやWiMAXを比較する
LTEやWiMAX等の高速モバイル通信サービスを比較します。
なぜLTEは75Mbpsのエリアが一部だけなのか
下り最大75MbpsのLTEですが、実際は75Mbpsのエリアはまだ1部にとどまっています。ここではこの理由について解説します。
携帯各社のLTEの速度
携帯各社のLTEの速度を解説します。
イー・モバイルLTEとWiMAXの特性の違い
イー・モバイルLTEとWiMAXは使用周波数帯が異なるので、受信特性が異なります。ここでは、それに関するのような記事を紹介します。
Softbank4Gの将来性
Softbank4Gの将来性について解説します。
高速モバイル選択の判断方法
高速モバイルを選択する場合にどのように判断するかについてお話します。