イー・モバイルLTE プロバイダ徹底比較 | プロバイダを選ぶ前に

イーモバイルのプロバイダを選ぶ前に

契約前にサービスエリアを詳細に確認を!

実際に公式サイトの地図上で自宅やオフィスなどがLTEエリアに入っているかどうかを必ずチェックしましょう。契約時にサポートセンターはあなたの自宅がLTEエリアに入っているかどうかはチェックは一切しません。

 

実際に通信端末が来てから使って見てしまったとなってもキャンセルできません!くれぐれもそのようなことがないようにしましょう。

 

LTEエリアはまだサービス開始の黎明期なので、貴方の自宅やオフィスなどが政令指定都市にあっても、飛び地のようにすっぽり抜けているエリアがありますので要注意です。
また、LTEエリアの境界付近は地形や障害物の関係でLTEが受信できないことがあります。

 

イーモバイルLTEを試用する

サービスエリアをろくにチェックしないで契約して後で使えないといっても、解約金が高額で簡単に解約することができないし契約期間が2年もあるので悲惨です。

 

イーモバイルLTEのMVNO(仮想移動体通信業者)であるGMOが短期貸し出しの無料トライアルを行っています。レンタル期間は一週間で電話で簡単に申し込むことができます。申込みには紛失や破損時の補償としてクレジットカードの番号を記入する必要があります。お届は佐川急便で配送されます。

 

area

 

その他、一部の販売店では試用のためのレンタルがあるお店もあるようです。念のために、近くの販売店で自宅に持ち帰って試用できないか問い合わせてみてください。

 

有料になりますがレンタル専門のショップもあるのでGMOのレンタルが満員で借りられないときはこれを使うのも一つでしょう。
3泊4日で3,880円くらいです。で一か月分の月額料金に相当するので安いとは言えませんが、転ばぬ先の杖ということで考えてみたらどうでしょうか。

 

以下のサイトが参考になります。

 

清水崇のWi-Fiレンタル比較情報:EMOBILE LTE(イーモバイル) GL01P レンタル料金比較 3/21

 

イー・モバイルLTEの解約料金が高いカラクリ!

イー・モバイルLTEは、携帯電話と同じように解約料金が高いのが難点です。解約金は利用月数により違いますが、1ヶ月目の38,400円から最終の24ヶ月目10,800円まで、かなり高額です。

 

この理由は、キャンペーン等で通信端末(WiFiルーター)が0円、または無料といっても実質的には通信端末を頭金なしで分割購入したようなものだからです。
解約時には残金分を払わなければならないため高額になります。

 

端末代金38,400円として24ヶ月の分割払にすると月々の支払いがちょうど1,600円になります。イー・モバイルのアシスト1600を見ると、この支払い分を長期利用割引1,600円でちょうど相殺するようにして、通信端末代金の支払いを0円にしているのです。
したがって、解約金=通信端末の分割払残金+解約手数料(9,200円)という計算になります。

 

激安100円PCにご注意!

イーモバイルLTE加入で100円PCという一見激安のPC販売があります。これは、100円でPCを購入する条件としてイー・モバイルのアシスト2900に加入しなければなりません。
これは、アシスト1600と同じ販売手法で、頭金100円で通信端末とPCをまとめて分割払する販売手法です。

 

その内訳は、
 5,480円/月 = 基本使用料500円 + PCと通信端末の分割購入代金2900円 + 定額通信料3,380円 − 長期割引1,300円

 

PCと通信端末の端末代金の総額は、69,600円(=2,900円×24ヶ月)です。ここから、通信端末の費用38,400円を差し引いくとPCの費用は31,200円となります。
販売しているPCの実売価格が31,200円以上であればお買い得ですが、それ以下ならじつは高いPCを分割払いで購入していることになります。

 

注意してみてみると実売価格が31,200円以下のPCを100円PCとして売っている販売店が結構ありますので、十分注意してください。
いくら型落ちPCでも100円では販売しません!決して激安で販売しているわけではないのですね。

 

ここで、気になるのはアシスト1600の長期割引1,600円に比べて長期割引1,300円と少なくなっていることです。どうしてでしょうか?
2,900円から通信端末の分割払い代金1,600円を差し引くと1300円になります。つまり、PCの分割払い代金1,300円分を長期割引で相殺しているのです。
あんまりお得な感じではありませんね。

 

LTEかWiMAXかと悩む人は

LTEは、サービス開始したばかりなのでイーモバイル4GやWiMAXに比べてエリア展開が十分とは言えない状況です。

 

WiMAXを1年利用してその間LTEの展開状況の様子を見るという方法もあります。
選択に悩む人は、長期間の縛りがあるプランを選ばない方が賢明です。

 

WiMAXの各種料金プランの比較は >>  こちら